メニュー
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
リビングプラザの新しい家づくりブランド

持続可能な社会づくりのために

Passive-Design Houseは、「断熱」「日射遮へい」「通風」「昼光利用」「日射熱利用暖房」の5つの要素を組み込むことで1年を通じ小さなエネルギーで心地よく暮らすことができる住まいです。

パッシブに暮らす

Passive-Design Houseは、1年を通じて小さなエネルギーで心地よく暮らすことができます。そうした住まいが実現されれば、寒い、暑い、風が通らない、暗いといったストレスから解放され、光熱費の負担も小さくなります。ひいては、化石燃料の消費を抑え、持続可能な社会の形成に寄与する暮らしが可能となります。 Passive-Design House

パッシブ5つの要素

適切に断熱材を選んで施工することで、建物の保温性が高まり、冬期の大きなメリットが得られます。※

1

断熱

パッシブデザインの基本は、熱の出入りを極力少なくする「断熱」です。断熱性能を高めることは建物全体の保温性能を向上させ、様々なメリットを与えてくれます。建物に一定以上の断熱性能を組み込むこと。それは、Passive-Design Houseのベースとなります。

ルーバー雨戸や外付けブラインド。日射遮へいしながら風を通すことができ、夜の外からの視線も遮ることができます。※

2

日射遮へい

夏の暑い日差しを室内に入れないための日射遮へいは、夏期における快適と省エネを実現させるための基本中の基本です。最近になって断熱性能はかなり注目されるようになってきましたが、日射遮へい性能についてはまだまだ理解や工夫が足りません。断熱性能(保温性能)を高めていくと、夏の室内が少しずつ暑くなっていくという現象が起きるのですが、この問題を解消するには日射遮へいのデザインをしっかり考えることが重要となります。

通風のデザインに参考となる、各地域における卓越風向のデータ。※

3

通風

特に春や秋といった季節には、通風は心地よさを得るための重要なパッシブ技術となります。建物の中での風の流れを予測しながら窓の配置や大きさを考えるという基本をおさえた上で、「卓越風向」「立体通風」「高窓」「ウィンドキャッチャー」といったレベルの高い通風のデザインを施すことで、住まいはぐっと心地よさを増していきます。

吹き抜けで上から下に光を落とす。

4

昼光利用

昼間にわざわざ人工照明を点けなくても過ごせるようにするため、自然光による快適な明るさを実現させるのもパッシブデザインのひとつの手法です。基本は「昼間に長く過ごす部屋には2面に窓を設ける」「それ以外の部屋には少なくとも1面に窓を設ける」ということですが、他にも様々な“技”があります。

南面の窓を大きく取り、しっかり集熱する※

5

日射熱利用暖房

「日射熱利用暖房」とはその言葉の通り、冬に日射熱を室内に採り入れて暖房に使うという設計技術です。ただし、地域によっては日射熱利用暖房があまり効果的ではない場合があったり、敷地の南側に建物などがあると冬の日射が遮られ十分な集熱ができなくなるため、事前の検討を行うことが重要となります。

持続可能な社会を目指して

低炭素社会を目指して。

低炭素社会とは地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を、自然が吸収できる量以内に削減するため、すべての人がCO2を減らすための行動や選択をとる社会のことを指します。具体的には①世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2度未満に抑える②世界全体の温室効果ガス排出量を実質ゼロなどといった指針があります。
低炭素社会の基本的理念としては、二酸化炭素排出の削減に加え、豊かさを実感できる簡素な暮らしへの志向、自然との共生があるとされています。
livearthはパッシブデザインハウスの設計により、消費エネルギーを削減し、子や孫、その次の世代が地球に住み続けるための低炭素社会へ向けた取り組みに参加しています。

http://www.jjj-design.org/より転載

自立循環型住宅のガイドラインに則っています。

自立循環型住宅とは、

  • ①気候や敷地特性など立地条件と住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用する
  • ②建物と設備機器の選択に注意を払うことによって居住性や利便性の水準を向上させる
  • ③居住時のエネルギー消費量(CO2排出量)を2010年頃の標準的な住宅と比較して50%にまで削減可能
  • ④2015年までに十分実用化できる住宅

以上の4項目を全て満たした住宅のことを指します。

http://to1985.net/1985action/より転載

1985アクションを推進しています。

1985アクションとは、家庭でのエネルギー消費量を賢く減らして、現在の約半分、ちょうど1985年当時のレベルにしようというアクションです。
これは、東日本大震災と、それに伴って起きた福島原発事故受け、どう考えても原発に頼らない社会をつくるべきだという考えのもと、 この国で暮らす全ての人が直接関われる取り組みとして掲げられている「賢く楽しく進めていく省エネ」。
livearthはForward to 1985 energy lifeの会員としてこれに賛同しています。

※印画像:「Passive-Design House」一般社団法人パッシブデザイン協議会刊 転載


お問い合わせ・資料請求はこちらから
イベント開催中