メニュー
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
リビングプラザの新しい家づくりブランド

住まい手の声

livearthの家にお住まいの方々に、住み心地や家づくりを通してのご感想をうかがいました。

こだわりの住まいで楽しく暮らす

養老町S様

家をつくろうと思ったきっかけは?

奥様:家のローンとアパートの家賃とをくらべると、ペットを飼っていてペット可の物件って結構高いんですね。その分を考えると早いとこ家を建ててローンの返済に回した方がというのもあったし、周りの友人が家を建て始めていて、そこの影響もあって…。アパートはがやがやしているから戸建の方が落ち着いて生活できるかなと思い、家づくりを考え始めました。

家づくりのパートナーはどのように探されましたか?

旦那様:実は最初は建売住宅から考え始めたんですが、注文住宅だったらどうなのかな?という話もあって、妻の友達がリビングプラザさんで建てているという話を聞き、「じゃあそこにも一回お話を聞きに行こう」ということで話を伺いました。その流れで、注文住宅で自分たちの好きな家を建ててもらおうということに決めました。

建売と注文住宅ですと、金額に差がありませんでしたか?

奥様:私たちの場合、土地を準備してもらえるということもあり、じゃあそこで家を建てようかなと。建売住宅を見た後にリビングプラザさんにお話を聞いたら家づくりに対するこだわりを教えてもらって、そのこだわりを聞いてからもう一度建売住宅を見に行くと、そちらが手を抜いている訳じゃないのですが、リビングプラザさんの良さがよくわかり、お願いすることにしました。

レンガのキッチンなど、他にないデザインですが、この辺りは依頼されたんですか?

奥様:そうですね。もともと2人のコンセプトというか和のテイストが好きで、そこは譲れないというか上手くまとまるようにしていきながら、私がキッチンの方で『魔女の宅急便』で出てくるレンガのオーブンがあるんですけど、それがすごくいいなと思ってやりたいなというのがあったのと、実家のキッチンがレンガを使っていたというのもあって、自分がそこで育ってきていいなと思っていた部分だったので同じ様にしてみたいなって思ってたんですけど、よりこだわりが強くでました。

旦那さんはこだわりがありますか?

旦那様:水槽もそうですけど、吹き抜けとキャットウォークはこだわりました。丸太、大黒柱のあれだけはどうしても二人で絶対これだけは何があってもいれようねって。まあ、一番はあの大きな丸太ですかね。いいものを探してきてもらったというのもありますし、一番じゃないですかね。

住み心地はいかがですか?

奥様:引っ越して半年ちょっとですが、すごくいいです。冬は結構寒いかなって、元々こちらに住んでいたので冬の寒さは知っていたんですけど、それよりも家の中がすごく快適で、夏はすごく風通しが良くて気持ちよくて、エアコンもほんとに最初の方はいらないくらい。家の窓を全部解放しているとすごく涼しくて、快適にすごしています。

旦那様:朝、仕事で出かけるのが早いんです。自分も元々こちらに住んでいて実家も一戸建てなので寒さはわかるんですけど、朝5時くらいに起きて、歯を磨いたりする時にとてつもなく寒いんですよね、とてもじゃないけどヒーターの前じゃないとなにもできないというくらい寒さを感じるんですけど、この家だったら起きてきてパジャマのまま歯磨きもできますし、あわててヒーターどうのこうのというほど寒くもないです。夏も仕事の関係上いつも涼しいところにいるのでクーラー必須。それも18℃くらいの設定でつける日もあったくらいですけど、ここなら全然26℃くらいで夏場のエアコンがすみますね。ご飯食べる時に暑いって言って台所のエアコンをつけるんですけど、普段はぜんぜん。2階にはエアコンは無いんですが、「つけなきゃいけないね」っていいつつ一階の1台で夏を乗りきれました、

 

奥様:風通しが良くて体感温度が低く感じますね。

旦那様:夏場は土間に蓄熱してしまうので窓は閉めてもらった方がいいよって話だったんですけど、風通しのために開けていたんですね。そこで一度閉めてみたら、結構すずしくなるんですよね。

 

奥様:それが逆に冬だとすごくあったかくなるのでいいんですけど、夏場の暑さが厳しいときは窓を閉めて過ごすことで快適になりますね。ガラスは閉めたまま他のところを開けて過ごすとすごく快適になります。つまり、家全体の断熱性能がいいんだと思うんです。
冬の昼間は土間に座ってると結構あったかいんですよね。外も観れるし、外は寒いけど、ほっこりした気持ちになれます。

猫は快適な場所をみつける名人っていいますが、猫ちゃんはどこに?

奥様:猫は犬がいるので土間に寄り付かないんですけど、犬は冬の昼間には土間に寝ていたりしますね。夏場の夜とかは逆にそこがつめたいから寝そべっていたりとか、犬と猫も快適にすごしていますね。

動線などの暮らしやすさはいかがですか?

旦那様:吹き抜けがいちばんいいよね。2階にいて声が届く。なにより。下からも声が届くよね。

奥様:夜、子供が寝てから旦那さんの食事になるんですが、たまたまそのときは息子が寝たくなくてキャットウォークから私たちを監視してるんですよ。大きい家なのに家族の距離感が近いというか。たのしいなって思いましたね。あとは丸太の周りをくるくるしたりとか、自分たちがこだわったところを思った通りに子供達も楽しんでくれているからよかったなって思います。

旦那様:よく叫んでるよね、こどもたちが、「ママー」って(笑)。僕らも下から上見上げて子供の相手をしたりとか。ああいうのもいいなって思いますね。

奥様:今の年齢だとママが近くにいないと遊んでいてもすぐに呼んできたりするんですけど、リビングで洗濯物を干していても、2階のすぐ出たところに顔が見えるから子供も安心して遊んでいられるというか、2階にいても別に平気って感じですね。前までは近くにいないとだめってかんじで顔が見えないとすぐきたりっていうのがあったんですけど、今はそんなことはないです。

 

洗濯物を雨の日とか外に干せない日はかわりにキャットウォークに干しているんですけど、たたむ時にキャットウォークから全部落としちゃって、子供が大の字になって寝てて落としてくれるのを楽しみに待っているとか、結構そういうのも楽しんでいます。

私がそう感じてるだけかもしれないですが、この子が生まれてからも成長が早いんです。そう感じるのも、前のアパートだと段差が何もなくて、安全なんですけど、ここにいるといろんなところに掴まれて立てるから、いつのまにか寝返りもして、いつのまにかつかまり立ちもしちゃったりだとか。そういう環境で育てるからか成長にもいいのかなって。

旦那様:この子にとって安全ではないですけど、それも刺激でたのしくあっちこっち捕まったり、頑張って段差上り下りしたりとか、楽しんでいるかもしれないですね。

奥様:階段何段もあると不安になるけど、そこのリビングなら1段だけですし。そこの段差が低いからうまく立とうと頑張ってみたりとかでいいトレーニングになってます。

旦那様:お客さんが来た時に椅子がなくても段差にみんな座れるよね。


奥様:そうなんですよ、ソファーは3人しか座れないんですが、段差にみんな座って。 あと、小部屋が息子のお気に入りで、いないなと思ったら勝手にそこに入って遊んでたりとか。小部屋も結構涼しいんですよね、風通しもいいし。天井が低くなっている分居心地もよくて。本当に、満足な住まいになりました。

movie

  • User’s info
  • S様
  • 竣工年:2017年/所在地:養老町/家族構成:ご夫婦+お子様2人

関連記事
  • 思いをカタチにする住まいづくり

この記事をシェア