メニュー
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
リビングプラザの新しい家づくりブランド

建築現場ノート

建築途中の現場の様子をレポートします

Kn邸 基礎工事 配筋検査

Kn邸 基礎工事 配筋検査です。   蝓コ遉主キ・莠・驟咲ュ区、懈渊+01_convert_20121013085126   昨日完了した鉄筋の配筋の検査を行いました。   蝓コ遉主キ・莠・驟咲ュ区、懈渊+02_convert_20121013085146   数十種類の検査項目をチェックしていきます。 当社の基礎はすべて構造計算を行い、安全性を確認しています。   蝓コ遉主キ・莠・驟咲ュ区、懈渊+03_convert_20121013085202   一般的な家の基礎に比べて、鉄筋の太さは1.3倍、鉄筋のピッチ(間隔)は、2倍で施工しています。 (鉄筋の径D13 配筋ピッチ@150)   蝓コ遉主キ・莠・驟咲ュ区、懈渊+04_convert_20121013085223   たくさん並んでいるボルトのように見えるものは、アンカーボルトと呼ばれるものです。 これは、建物の構造体と基礎を固定する大事な金具です。 このアンカーボルトも一般的な住宅の3倍近くの数量を設置しています。 すべて構造計算を行い数を割り出しています。小さな家でも100箇所以上の設置となります。

最新記事
  • 【お引渡し】弁柄の家

  • 【お引渡し】景陽の家

  • 【築山の家】トコシズメの儀

  • 『弁柄(べんがら)の家』植栽ワークショップ

  • 『天竜の家』建て方

  • 『天竜の家』配筋検査

この記事をシェア