メニュー
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
リビングプラザの新しい家づくりブランド

ブログ

livearthの日々のこと

アンティークの似合うヴィンテージハウス

2015.12.11 カテゴリ:

青々とした芝生の中に佇む、近代の洋館を彷彿させるクラシカルな雰囲気の

部田耕司様邸。こちらは長期優良住宅に認定され、国の調査機関から取材

を受けることになりました。今回その取材に同行してお話を伺いました。

部田邸1

「家を建てると決めた時、二つの条件がありました。」とご夫婦。

一つは自然素材にこだわった体に優しい家であること、もう一つはご主人の蒐集した

アンティークの調度品を家のデザインに組み込むこと。

「アンティークの物が取ってつけたようになっては意味がありません。

当時の照明や扉、蝶番などの特性がわかった上で、現代の生活空間に自然に

なじむよう設計できる設計士がいたことが(弊社に)頼む決め手となりました。」

とにかくご主人の蒐集品が豊富だったこと、奥様とご主人のデザイン嗜好もそれぞれ

あったことで、設計をまとめるための打ち合わせは長時間に及びました。

ご主人のお気に入りは、サイディング目地が隠れるよう吹付けを施した美しい外壁。

奥様のお気に入りは、ホワイトシャビーシックのキッチン・脱衣所・浴室と

それらをつなぐ家事動線。加えて、飴色のアンティークたちが調和を乱すことなく

同居し、暖かな生活空間を作り上げています。

ご友人方の反応も、「喫茶店みたいでおしゃれ!」と上々の様子。

部田邸6

住み心地についてお聞きしました。

借家の時は浴室を掃除していてもカビが生えてしまったのに対し、今は1年通して

カビが出なくなったそうです。結露もなく、夏も冬もエアコン一台で快適に過ごして

いらっしゃいます。漆喰壁には意外な効果も。

「借家のクロス壁は猫がひっかいてボロボロだったんですが、漆喰壁は硬いので

猫がひっかくのを諦めます。」とのこと。ペットが居るご家庭に朗報ですね。

無垢材の床は裸足で気持ちがよく、1歳になるお子さんがハイハイしても安心だと

喜ばれていました。

アンティークが過去の再現としてではなく、現代の生活に息づいている部田様邸。

最新技術と時を経た歴史の深みが豊かに交ざり合っています。

 外観0002


関連記事
  • 【パッシブデザイン設計の効果の計測結果】

  • 小物を簡単リメイク

  • 小屋裏探検

  • 断熱性能と気密性能はセットで考える

  • てづくりスイーツ

  • ZEH目標公表

この記事をシェア