fbpx
メニュー
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
地球に暮らす、地球と暮らす。

ブログ

livearthの日々のこと

工学院大 西川研究室 研究発表

2015.12.12 カテゴリ:

「工学院大 西川研究室 研究発表」
現代の住宅のほとんどで、夏型結露は壁体内で起こっていることがわかりました。
外壁の仕様の違いにより大きな違いがありました。
夏型結露は少しずつ建物を蝕んでいきます。
私なりに夏型結露を防ぐポイントを整理します。
①遮熱により壁体内の温度上昇を防ぐ。
②外の湿気を壁体内でストップさせない。
(室内側に可変透湿防水シートを使用する以外の方法が妥当。)
③調湿性の有る断熱材や仕上げ材は、大きくは貢献しないが有ると多少結果が良くなる。
DSC_0088 2工学院大2015エコハウス研究会_西川研究室-1 2工学院大2015エコハウス研究会_西川研究室-3

最新記事
  • 【取材】地域情報誌「SAKURA」

  • 【講演】性能設計時代の心地よさの見える化設計 in 大阪

  • 【講演】 「ブランド構築」の歩み

  • 【事例報告】東京大学 自立循環住宅 パッシブ委員会 シンポジウム

  • 【満員御礼 150名】完成見学会『天竜の家』

  • 【視察受入】愛知県工務店団体40名程

この記事をシェア